トーレ・デ・ダビ Torre de David

On 2011/10/19 by Urbaning

【この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

VENEZUELA-1-popup
Torre-David

Photo: Iwan Baan

Photo: Iwan Baan


Photo: Iwan Baan

Photo: Iwan Baan


Photo: Iwan Baan

Photo: Iwan Baan


占拠された高層ビルの暮らし。ベネズエラの首都カラカスにある開発途中の高層ビル。銀行破綻により開発は中断、スラム化して不法占拠者により生活が営まれている。

1994年に起きた金融危機により、建物は政府の管理下に置かれた。内部は水道や配電設備、エレベーター、バルコニーの手すり、更には壁や窓にも未完成の部分があった。
ベネズエラの大規模な住宅難により、2007年10月頃からスラム化し不法占拠者が住み着きはじめた。居住者らにより22階まで水道が敷設され、無認可の歯科医師が診療するなど環境が整えられた。一部の居住者は自動車を所有し、建物の駐車場に保管している。建物の28階まで、700世帯2500人が暮らし、居住者ら自身により床屋や食堂、フィットネスクラブなどが営まれている。
Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/セントロ・フィナンシエロ・コンフィナンサス

How the Torre de David in Caracas Ended Up Being a Squat Site — New York Magazine


Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>