橋の下の居場所 Fernando Abellanas

On 2017/08/18 by Urbaning

abellanas07
Photography: Jose Manuel Pedrajas

スペインのフェルナンド・アベラナスによる、橋桁の下に設置した書斎。
都市の喧噪や人々の煩わしさから逃れるために、都市の中に避難場所を生み出した。
橋桁の下側にあるI型の梁に、鉄製のフレームと木製パネルで構成されたミニマルな部屋がぶら下がる。

フェルナンド・アベラナスは独学で家具デザインを学びLebrelという名義で活動している。
子供のころ、家族のイベント中にはテーブルの下に隠れていたという作者。その時の感情から生まれたこのアイディア。ある空間と別の空間との間に存在するつながりを通して、同様の感情を回復しようとする試みなのだという。都市か森か?つながりか孤独か?という二項対立を超えて都市に居場所を生み出している。都市へのまなざし、機構をはじめとした技術が、とても身体に近くアナログな方法で融合されている。

この場所の正確な位置は秘密となっている。

caba+¦a_perfil

caba+¦a_perfil

堤防側の傾斜の高い場所から乗り込み、ハンドルを回すことでI型の梁の上を部屋が移動する。

abellanas03

Photography: Jose Manuel Pedrajas

移動した先には棚や椅子などの家具が、壁面や打ち放しの穴を利用してぶら下がっている。

abellanas02

Photography: Jose Manuel Pedrajas

general

Photography: Jose Manuel Pedrajas

夜間はランタンがあかりになる。

lebrel

Photography: Jose Manuel Pedrajas

oculto

Photography: Jose Manuel Pedrajas

自身によるスケッチ。

スケッチ

Sketch of Fernando Abellanas

スケッチ

Sketch of Fernando Abellanas

スケッチ

Sketch of Fernando Abellanas

メイキングを含んだ動画

 

保存

保存

保存

保存


Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>