2050年「5つの仮説」:そのとき都市は何を必要とするのか? « WIRED.jp

On 2014/01/27 by Urbaning

【この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

ダイアグラム

「The Audi Urban Future Initiative」の一環として、Audiとコロンビア大学の協働により発表された「5つの仮説」は、2050年の巨大都市が進むべき方向を指し示している。

仮説1:世代横断性 Transgenerational Capacity
「都市は本物の人生を生きられる場所となる」
仮説2: 非対称性 Asymmetric Mobility
「新しいコネクション、新しい可能性、新しい効率性」
仮説3:複雑性 Complexity
「悪しき複雑性は、連鎖的な破綻を引き起こしてしまう」
仮説4:移動性 Migration
「そして移住は一生に一度のことではなくなっていく」
仮説5:寛容性 Generosity
「才能が集中する都市はサステイナブルな成長を遂げる」

引用元: 2050年「5つの仮説」:そのとき都市は何を必要とするのか? « WIRED.jp.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>