NIKE SkateBording – Tennis編(CM)

On 2007/02/22 by Urbaning

【この記事は11年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

What if we treated all athletes
the way we treat skateboarders
もしアスリートみんながスケートボーダーのように扱われたら、、

1997年のNIKEのCM。
夜のテニスコート、そこにやってきた警官。テニスをやっていた男女は「畜生!」とラケットを投げる。警官:「ここはテニス禁止だぞ!」壁やネットにはテニス禁止の文字が、、
視点を逆にしてみると、パブリックスペースはスケボにとっての「公式なコート」なんだということが理解できる秀逸なCM。
ほかにもゴルフ編などがある。


Related posts

Trackbacks & Pings

  • DIY公共空間の危機? | URBANING.ORG says:

    […] 市民のなかにテニスをする人口の割合はどれくらいだろう?テニスは良くて、現代美術やストリートスポーツはわからないために公共空間から排除されるのだろうか?たとえばテニスコートでの捻挫はよくあることだろう。一方でストリートスポーツの広場で怪我など出ようものなら、すぐさま存続の危機に直結してしまう。このような偏見をうまく描いたCMがある。このブログでも以前に取り上げた1997年のNIKEのCM。詳しい内容はこの動画とエントリーを見ていただきたい。 NIKE SkateBording – Tennis編(CM) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>