幻想の地名をめぐる1 ~東京の歌~

On 2001/05/03 by Hidenori Kasagi

【この記事は17年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

ピチカートファイブが解散しましたね。と言ってもあまり詳しくありません。しかし漠然と「東京」というイメージがありました。おそらく東京という単語を使った歌もたくさんあったように思います。さらに昔は「渋谷系」などと呼ばれていた記憶もあります。

街や地名にまつわる音楽って結構あるみたいです。曲のイメージが街のイメージをつくったり、あるいはその反対など、、。戦後の曲で地名のついているものがどれだけあるか?調べてみました。まずアオハラの「青山」「原宿」そしてライバルになりそうな「新宿」「渋谷」です。※右表

新宿がなんと断トツです。しかし内訳を見ると、かなり古い曲に「新宿」が使われているようです。そして英語になると割合が多くなるのが「SHIBUYA」です。歌にしても渋谷よりSHIBUYAのほうがカッコイイのでしょう。なぜ青山、原宿の曲は少ないんでしょう?言い換えればなぜ新宿の曲がこんなに多いのか?新宿は歌にしやすい街なのか?気になります。

ところで、渋谷系以降に新宿歌舞伎町系というのがでてきました。言わずと知れた椎名林檎です。彼女は1998年デビューでアルバムを3枚リリースして、すべてヒットしています。彼女程に場所にまつわるアーティストは同世代ではいないんじゃないでしょうか?来週は椎名林檎ついてもう少し調べてみようと思います。

曲名における地名の数
青山→45
原宿→43
新宿→279
渋谷→51
参考:JASRAC作品検索サービス

青山原宿渋谷のポータルサイト「アオハラ」での連載「スクラップ&ビルド」「アーバンピクニック」に掲載されていた文章です。
*アオハラ、aohara及びアオハラロゴは(株)アジアン カルチャー オーガナイズさんの商標です。


Related posts

Trackbacks & Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>