ショッピングモールを住宅に

On 2015/05/23 by Urbaning

【この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

アメリカ最古のショッピングモールが住宅として再利用されるようになった。

近年の消費がネットに移行し、アメリカ国内のショッピングモールは相次いで閉鎖されている。1892年に英国式のデザインを取り入れたショッピングモールとして完成したウエストミンスター・アーケードも、売り上げの問題から取り壊しの危機に瀕していた。それに対してデベロッパーは住宅を取り入れたリノベーションを決断。家賃は$550、20から28平米くらいの住宅をモール内に38戸を作り、今では空き待ちの予約が出るくらいになっているという。

日本では勢いを増すショッピングモールだが、近い将来にこのような状況になることは明白である。もともと郊外に都市をシミュレートするようにデザインされたショッピングモールに、住宅があることも不思議ではない。消費だけでなく、全ての生活をまかない支えるようになってきたショッピングモールの最後のピースであり、最後の救いの手を差し伸べるのは住宅かもしれない。


VIA: You Can Now Live Inside America’s First Shopping Mall

You Can Now Live Inside America’s First Shopping Mall


Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>