脱法ハウス1.7畳、手届く四方の壁

On 2013/05/23 by Urbaning

【この記事は4年以上前のものです。情報が古い場合があります。】

脱法ハウス内部
シャワーや洗濯機を備えたマンガ喫茶が住居の代替になっている状況は、貧困層のセーフティーネットになりつつ、新しい居住のあり方として興味深い。しかし、そんなマンガ喫茶を経営する会社がシェアハウスと銘打って運営していた「脱法ハウス」の実態がひどかった。
脱法ハウス:1.7畳、手届く四方の壁 住民同士会話なく- 毎日jp(毎日新聞)

続報:(0.1畳減ってる)
脱法ハウス:1.6畳「住所OK」 記者が滞在してみた

シェアハウスというよりレストボックスに近い。
日雇い宿無しフリーターをターゲットにする「貧困層ビジネス」の実態 – GIGAZINE


Related posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>